塩尻の離れ -2-
主に茶室としての利用を考えた離れ
木部を白木ではなく着色することで、
昔よく見られた民家の一角を茶室とした趣を醸し出すのが狙いです。
作庭は、福永庭苑さんに依頼。施工は、カツノ工芸建築さんです。
2011年9月完成

 
     
         
 
 
         
 
  
     
 
     
     

前に戻る