塩尻の土蔵
 
明治19年に造られた土蔵の内部を改修しました。
木部を全てアク洗いし、箱階段を調整。
手すりや照明器具、コンセントなどを設置しました。
収納だけではなく、多目的な使い方が可能になりました。
それにしても、先人の技術や昔の木材は素晴らしいと改めて関心しました。
土蔵をお持ちの皆様、改めてご自分の土蔵を見直してみてください。



前に戻る